ホーム>心理楽講座 スタッフブログ

心理楽講座 スタッフブログ

ディヤーナ国際学園 海外ボランティアスタッフ 真殿えりさん、松沼けいすけさん

ボランティアスタッフの真殿えりさんと松沼けいすけさんが、この度ニューロフィードバック集中トレーニングに参加する為に一時帰国、 英語が堪能な両スタッフはディヤーナ学園でもとても頼りになる存在です。

0011.JPG

真殿さん、松沼さんは生徒たちに英語を教えたり、通訳としても大活躍!時間が空けば生徒たちと・・・・ 

つづきは、ディヤーナ国際学園トピックスをご覧下さい。

http://www.dhyana-jp.com/topics/1823

ひきこもり、家庭内暴力、軽度発達障害、軽度精神障害などのご相談は・・・

ディヤーナ国際学園

http://www.dhyana-jp.com/

 

心理楽講座スケジュール(NPO横浜大学)

全国の皆様に、ご好評を頂いております、心理楽講座。

自殺予防、メンタルケアの重要性を山本先生(NPO横浜大学理事長)が叫ばれてやく、5年!

講座の内容もどんどん進化し、素晴らしい内容となり、心理楽講座の受講者からご好評の声が多数寄せられております!!

スケジュールを掲載しますので、是非ご受講下さい!!

yokodai.JPG

NPO横浜大学

http://npo-yokohama.com/index.html

 

1.JPG2.JPG3.JPG

 

※詳しくはこちら

http://npo-yokohama.com/schedule.html

 

各講座の詳細はHPをご覧下さい!

http://npo-yokohama.com/index.html

春のニューロフィードバック特別集中トレーニング開催

この度、臨床ニューロフィードバック協会公認の『春のニューロフィードバック特別集中トレーニング』を、長野県高森町のディヤーナ国際学園本部にて開催させて頂きます。

IMG_6807.jpg


 特別トレーナーとして、ご多忙の中、私達の社会貢献活動にご共感下さいました、東京の臨床心理士・米倉有香先生のご厚意により長野県高森町の学園本部にて、学園生徒、道場生、関係者をメインに特別集中トレーニングを開催させて頂く事となりました。限定10名ですのでお急ぎご連絡下さい!
 お近くに発達障害や自閉症、強迫神経症や不安症、睡眠障害など(別紙記載)で、お悩みの方がいらっしゃいましたら、是非お伝え頂き、この機会にトレーニングして頂ければ幸いで御座います。

 

 ・期  日  ①ミニマップ作成 平成2821819

       ②トレーニング(全15回) 310日~417日 ※詳細は別紙

 ・    ディヤーナ国際学園 事務所

     399-3101 長野県下伊那郡高森町山吹5948-10265-35-8615

 ・   1ミニマップのスーパービジョン費用(豪モッシュ博士へ支払い)15000                                 

     2、ニューロフィードバック 全15回トレーニング 特別価格81000(通常価格は約18万円のところ)

 ・参加人数  限定10(先着順となりますので、お急ぎ下さい!)

 ・お申込み締め切り

 ・参加希望者 128日(までに申込書に参加費を添えて、各支部長、道場責任者まで提出して下さい。

責任者は 21日(までに下記の口座に振り込み、名簿、送付書を提出して下さい。

 ・お申込書提出先 

   NPO法人日本武道総合格闘技連盟 ディヤーナ国際学園 事務局 担当:齋藤

    399-3101 長野県下伊那郡高森町山吹5948-1:電話0265-35-8615 FAX0265-34-2504

 ・お 振 込 先 

  特定非営利活動法人 日本武道総合格闘技連盟

   飯田信用金庫 高森支店 普通 4907944 

 ・問い合わせ 

   NPO法人日本武道総合格闘技連盟 ディヤーナ国際学園 事務局 担当:齋藤

    〒399-3101 長野県下伊那郡高森町山吹5948-1:電話0265-35-8615

 

 

詳しくはディヤーナ国際学園 告知ページへ

http://dhyana.seesaa.net/article/432679691.html

 

一般社団法人 臨床ニューロフィードバック協会

http://clinical-neurofeedback.com/

TFTパートナー講座開催!!

日本TFT協会協会よりおしらせです。

TFTパートナー講座開催!!

TFT(Thought Field Therapy 思考場療法)は、
東洋医学の「経絡」を取り入れた心理療法。
ツボを自分の指でタッピングすることで、
不安やストレスなどによって身体にわきおこる反応をしずめます。
TFTについて、くわしくは下記をご覧ください
http://www.a-h-c.jp/semi_tft.html

 

Chrysanthemum.jpg
★保健・福祉・教育など対人援助の場面に生かすTFTの技法を学びたい方
★仲間や家族など身近な相手に役立てたい方
★まずは自分のために練習してみたい方
が対象です。
講座の最後に実施する認定テストを修了すると、
「TFTパートナー」の資格が得られます。

 【講師】森川綾女(日本TFT協会理事長)
 【日時】2016年3月26日(土) 10:00~18:00
 【場所】アスク研修室
 【定員】18名
 【参加費】16,200円(税込・資格認定料3,000円を含む)
 
 
  プログラムの内容
   
 
セルフケアと援助の相乗効果/経絡とツボ/TFTとは?/
アルゴリズムの基本形/思考場とチューニング/
心理的逆転の修正/
さこつ呼吸法/タッピングポイント/症状ごとのアルゴリズム
(不安・悲しみ・怒り・罪悪感・うつ・物質依存の衝動など)
子どもへの活用/コミュニティワーク/
ストレスをプラスに変える/
エネルギーのベクトルを合わせる など
◎レクチャーとワークで進行します。
◎講座の最後に認定テストがあります。

 

 

〔TFT〕VT体験者を募集

日本TFT協会よりのお知らせです。
Tulips.jpg
 
こんにちは。
いたします。
会員のみなさまは無料で参加できますので、
この機会にぜひ活用していただき、疲れを癒してください。
 
1月10日(日)10:00ー15:00
1月11日(月・祝)10:00ー14:00
 
お一人あたり約20~25分で、予約時間にこちらからお電話いたします。
 
みなさまが同席してお知り合いやクライエントの方がVTを受けられる場合にも
無料です。
森川まで直接メールください。
 
一般の方は、こちらからお申込みいただけます。
 
よろしくお願いいたします。
 
Heartfully,

Ayame Morikawa, M.D., Ph.D., M.B.A.
 
TFT Center of Japan
 

日本統合医療学会の学術大会

日本TFT協会よりお知らせが届きましたので、ご紹介させて頂きます。
 
12109301_940717219351381_4612057580207870667_n.jpgのサムネイル画像
 
 
日本TFT協会が日本統合医療学会の賛助会員となって初めての学術大会12月12-13日(山口)に参加してまいりましたのでご報告申し上げます。

 
◎「コミュニティを育てる英国の統合医療モデル」 鈴木清志先生(一般財団法人MOA健康科学センター理事長)
 
【背景】
超高齢化と生活習慣病の増加で、医療費が高騰するとともに、
1) 病院中心型の医療から地域包括ケアへ
2)勤労世代中心のまちづくりから子育てや高齢者に配慮したまちづくりへ
の転換が迫られている。
今後は、生活習慣改善への自助努力がさらに重要となるが、周囲の支援(コミュニティ)がないと、病気になりやすく短命で、医療費や犯罪率は高くなることが分かってきた。
 
有病率や医療費が下がり、就業率が増加し犯罪率や自殺率が下がったという英国での社会モデル(コミュニティを育むまちづくり)を参考にした提案。
1)「社会的処方箋士」をつくり、行政、医療機関や民間企業と連携して、サポートグループ、料理教室、職業訓練、仕事の斡旋など、その人に合った社会的な支援計画を立てる。
2)コミュニティで中心となって支える人(有償ボランティア)の養成
 
すると、たまたま、先駆けてこのようなモデルをすでに実践中のところが国内になったという。
鳥取県南部町の地域の病院の医院長先生の話では、有償ボランティアを始めたところ、すぐに徘徊していた認知症のお年寄りがわかり対応ができたという。一方で、このモデルの短所は地域によって差が出てしまうとのこと。
 
※(感想)
コミュニティでの支援は、TFTパートナーの考えるところと一致しています。
ボランティアをするにしても肩書がないと日本では活動しにくいので、「健康普及相談員・健康普及指導士」がうまく機能してくれると良いと思います。
 
 
◎「がんが自然に治る生き方」著者ケリー・ターナー
 
医師にさじを投げられた患者の中にまれに自力で生還した人が実践した9つのこと。
もともと自分には治る力が備わっており、科学的な裏付けがあるものをまとめてみた。
 
1)抜本的に食事を変える 2)治療法は自分で決める 3)直観に従う 4)ハーブとサプリメントの力を借りる 5)抑圧された感情を解き放つ(マイナス感情だけでない、前はうまくいっていたのにという執着も手放す) 6)より前向きに生きる(戦闘モードから治療モードへ転換) 7)周囲の人の支えを受け入れる(他社との触れあい、身体のふれあい) 8)自分の魂とつながる(信仰心がなくてもいい、深く安らかなエネルギーとつながる) 9)どうしても生きたい理由を持つ(「死にたくない」は「生きていたい」ちはイコールではない、死への恐怖ではなく生きる力に注意を向ける)
 
これらの9つのうち7つはメンタル的なこと。
 
◎Eating Well for Health and Vitality
Victoria Maizes, MD アリゾナ統合医療センター所長、アリゾナ大学医学部教授
満ち足りた毎日を送るための食習慣 -「食」にまつわる健康情報を検証するー
 
日本食がダイエットにも健康にも良いよいように、健康的な西洋食の良い例は「地中海料理」です。
ワイル博士の抗酸化食生活のポイントは
1)オメガ3脂肪酸(魚) 2)抗酸化物質(野菜やフルーツ)3)インスリン値を低下させる食 4)フィットケミカル(きのこ類、スパイスなど)
 
現代の食生活は肥満を単純化させている。しかし、それを変えられるポイントは、
1)エピジェネティクス(食生活で遺伝子も克服できる) 2)等カロリー 3)腸内細菌叢(フローラ) 4)環境化学物質(プラスティック容器など)
 
600gの果物と野菜を1日摂れば以下が防げる:
心臓鬱血性疾患31%、脳卒中11.9%
胃がん19%, 食道がん20%
肺癌12%、大腸がん2%
 
3,234名の研究。糖尿病の予防(減らせるリスク%)
1)ライフスタイルを変更するようコーチング(58%)
 -5-7%体重減少
 -低カロリー食
 -毎日30分の活動を週5日
 
2)ライフスタイル変更の提案とトボルミン(糖尿病治療薬)の服用(31%)
3)ライフスタイル変更の提案とプラセボ
 
食生活についての知識や教育が、米国の医師や看護師、医療スタッフになされていないと嘆きつつもすでに1~2割の医学部で料理を学ぶプログラムを取り入れているとのこと。さすがに実行に移すのが早いです。
 
※(感想)
 ワイル博士のアリゾナ大学統合医療センターが様々なプログラムを提供しているようです。TFTトレーナーのスザンヌ・コノリーもアリゾナ在住であり、ルワンダのPTSD研究に協力してくれたのは、アリゾナ州立大学です。アリゾナはオステオパシーの発祥の地でもあり、大自然のエネルギースポットとされるグランドキャニオン、セドナがある地域で、健康のエネルギーが渦巻いているのでしょうか。良い地域ですね。
 トキシンの問題がすでに一段と深刻になっている気がしています。特に見落とされがちな重金属やプラスティックなど環境化学物質の影響に対してトキシン治療を行うことで、重症化や慢性化、症状の改善を望めるのではないかと期待します。
 
短い時間で「TFT(思考場療法)とバイオフィードバックによるパニック障害への臨床応用」について発表しました。他の発表でも時々耳にしたのは、エネルギー医学、波動医学についての言及です。TFTは、エネルギー医学、エネルギー心理学の1手法なので、興味を持たれた方も多く、発表後に声をかけてくれた方が何名かいらっしゃいました。
 
来年は東北大学での開催です。統合医療は、TFTの専門家の分野にすべて関連します。みなさま、ぜひ発表、ご参加ください。
 
 

Heartfully,

Ayame Morikawa, M.D., Ph.D., M.B.A.
 
TFT Center of Japan

おすすめの書籍

日本統合医療学会誌 VOL.8 No.1 
2015年5月
 
外傷後後遺障害に対する統合医療的アプローチ
二 3年目の報告
 
林 紀 行・大 浦 真 ―・今丼田貴裕 ら
 
要 旨:【背景】3年前から始まったこの臨床試験はこれまでに鍼灸、アロマトリートメント、ヨーガ療法を行ない安全性は 確認できたものの苦痛に対する効果は一時的であり、セルフケアに葉げることが重要と考えられた。3年 目は鍼灸の 代わりに思考場療法を行った。

 
【方法】20歳 以上の偶発的な外傷後1年 以上経過した身体的苦痛を訴える医学的に落ち着いた状態の患者をホームペー ジ上で募集 した。各介入は希望に応 じて併用 し、2~ 9週 目まで毎通 1回 計 8回 行った。毎回の介入時にVAS(身 体 的苦痛、精神的苦痛、介入に対する患者満足度)、 及び介入前の1週日と介入終了後の10E目 に、PHQ-9(う つ)、 IES‐R(IttD)、 MAAS(マインドフルネス)を評価した。
 
【結果】11名 の参加者があり、1名づつがアロマトリートメント、ヨーガ療法を希望されなかった以外はすべての介 入を行った。脱落率は0%、 重篤な有害事象は認めなかった。2週日から9週日の介入前後での身体的・精神的苦痛 は、有意に減少した (p<0.01)が、1週目と10週目を比較したところ有意な改善は認めなかった。IVLMSは有意に 改善した (p<0.01)。
 
 

Warmly,

Ayame Morikawa, M.D., Ph.D., M.B.A.
 
TFT Center of Japan

わかさ2月号に掲載されます。

TFTセンタージャパンよりのお知らせです。
 
 
こんにちは。
 
わかさ2月号(明日発売)「高血圧特集」にTFTが再び掲載されます。

今回は、イーハトーブクリニック萩原先生の記事も掲載されていますので、
ご一読ください。
 

 
先ほど、一足先に雑誌をめくっていましたら、つい先日参加しました統合医療学会の渥美先生やアンドリュー・ワイル博の呼吸法の記事も掲載されておりました。
 
WAKASA.JPG
 
 
Heartfully,

Ayame Morikawa, M.D., Ph.D., M.B.A.
 
TFT Center of Japan

TFT一般セミナーと勉強会の案内をさせていただきます。

◯TFT基礎&応用コース
日時:11月28日(土)13:30~
   12月19日(土)13:30~
場所:奈良県天理市川原城町266東田ビル205
   カウンセリングルームこころざし
参加費:各コース3,000円
   (両コース受講5,000円、再受講3,000円、3回目以降資料代500円のみ)
内容:基礎コース
   TFTの基本的な考え方やセルフケアを学びます
   応用コース
   実際にTFTを使って、TFTセラピストとともに仕事や生活の中で感じる障害を解消する体験をします。

お知らせページ
http://ameblo.jp/plow-spacefield/entry-12089706858.html
申し込みフォーム
http://ws.formzu.net/fgen/S94498914/


◯TFTブラッシュアップ講座
日時:12月12日(土)13:30~
場所:奈良県天理市川原城町266東田ビル205
   カウンセリングルームこころざし
参加費:2,500円(資料代込み)
   *こころざしTFTセミナー、TFT協会のトレーニングを受けられた方が対象です
内容:セルフケア、初級、中級テクニックの演習
   TFTに関する映像、
   テキスト『TFTとトラウマ』要約Ver.を使いTFTの理解と実践を深める
   その他、質疑等

お知らせページ
http://ameblo.jp/plow-spacefield/entry-12096948585.html
申し込みフォーム
http://ws.formzu.net/fgen/S94498914/
 

 

12109301_940717219351381_4612057580207870667_n.jpg

ヒプノTFTのご案内をさせて頂きます。

ー催眠とTFTの特徴を併せたヒプノTFTの一日体験セミナーを開催致します。ー

 
 
催眠により潜在意識にある感情のシコリを感じて、不必要な感情をTFTのアルゴリズムを
用いて思考場から引き抜く方法です。
 
 
日時:2015年12月13日(日) 午前10時~17時まで
 
場所:イーハトーブクリニックⅡ
 
参加資格:催眠の心得のある人 既にキャンセル待ちになっております。
 
参加費:8,000円
 
既に臨床では用いておりますが、催眠とTFTの併用法を実際に体験して頂きたいです。

 
12112447_940717062684730_7856065614176863765_n.jpg

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8
ページ上部へ